読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道そと遊び日記

北海道で釣りや山登りなどのそと遊びを主に書いてます。

2014年道東の旅-15(熊の湯脇の散策道~ビジターセンターへ)

前回までの記事はこちら

2014年道東の旅-14(カレイ釣った後はカラフトマスを土産に)

2014年道東の旅-13(岩尾別温泉の露天風呂でどっぷり浸かり)

2014年道東の旅-12(タモギ茸の大収穫。そしてふんだんに入れたキノコ汁などで)

2014年道東の旅-11(早朝の知床峠へ絶景ドライブ)

2014年道東の旅-10(羅臼湖トレッキングコース三の沼へ)

2014年道東の旅-9(釧路の帰りに養老牛温泉にどっぷり浸かり)

2014年道東の旅-8(豪雨でタープが崩壊、そして釧路までタープ調達へ)

2014年道東の旅-7(知床最果てにある相泊温泉)

2014年道東の旅-6(オショロコマ爆釣そして燻製で)

2014年道東の旅-5(羅臼2日目早朝の氷下魚釣り)

2014年道東の旅-4(熊の湯入り浸り、そして閉鎖へ)

2014年道東の旅-3(羅臼温泉野営場での7日間初日)

2014年道東の旅-2(8日間1600キロの旅が無事終了)

2014年道東の旅-1(旅の準備で荷物が満載に)

今回は、羅臼温泉野営場周辺の散策について書きたいと思います。

滞在中の晴れ渡った朝、熊の湯に息子と浸かった後、温泉の脇にある散策道を歩きたいと息子が言い出したので二人で歩くことにしました。

この散策道があったのは昔から知っていたけど、いったいどこまで続いているのか?それともぐるっと回って往復するコースなのかは知りませんでした。

ということで、初めてこの散策道を歩いてみました。

P8100135.jpg

散策道というよりは山道という感じでした。

P8100140.jpg

ちょっと登ったところに熊の湯の看板がありました。

今の熊の湯は、ほとんどが下流側の温泉宿近くの源泉をポンプで引いてきているのですが、本来熊の湯といわれる源泉はこの下あたりにあるのです。

今では、もうほとんど出なくなったそうです。

P8100139.jpg

途中アップダウンが結構あったりで意外と疲れました。

P8100142.jpg

山道を抜けようやく羅臼川沿いに出ました。

ようやく散策コースぽくなりました。

P8100143.jpg

だいたい1キロ近くあったでしょうか?

散策道はここで終わりのようです。

場所を確認したところ、出口は第一ホテル近くでした。

感想からいうと、散策道途中は特に景色のよいところがあるわけでもなく、余計なアップダウンがあるので特に面白いコースだとは思いませんでした。

でも、朝一番のお散歩コースと考えれば、距離もちょうどよくとても良かったです。

P8100146.jpg

それにしても、こんな看板があちこちで見かけます。

P8100149.jpg

ここから野営場へは国道を歩きました。

P8100151.jpg

羅臼川にかかる橋の上で休憩です。

P8100152.jpg

ほどなくしてビジターセンターに到着しました。

もうオープンしていたので入ることにしました。

P8100153.jpg

P8100169.jpg

館内では知床の様々な動物のはく製などが展示されており、子どもにとっては楽しいようです。

ウトロ側にもこのような施設はありますが、僕はこっちの方が好きです。

P8100157.jpg

P8100161.jpg

P8100163.jpg

スタッフの人からエゾサンショウウオにエサをあげてみたらと勧められて早速息子はエサやりを体験しました。

結構食欲があったのでしょうか?エサを差し出したらすぐに食いついてきました。

P8100164.jpg

けっこうかわいいやつらでした。

P8100165.jpg

次回は、羅臼岳登山道を散策して滝まで行ったことなんかを書きたいと思います。