読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道そと遊び日記

北海道で釣りや山登りなどのそと遊びを主に書いてます。

2014年道東の旅-12(タモギ茸の大収穫。そしてふんだんに入れたキノコ汁などで)

2014年道東の旅

前回までの記事はこちら

2014年道東の旅-11(早朝の知床峠へ絶景ドライブ)

2014年道東の旅-10(羅臼湖トレッキングコース三の沼へ)

2014年道東の旅-9(釧路の帰りに養老牛温泉にどっぷり浸かり)

2014年道東の旅-8(豪雨でタープが崩壊、そして釧路までタープ調達へ)

2014年道東の旅-7(知床最果てにある相泊温泉)

2014年道東の旅-6(オショロコマ爆釣そして燻製で)

2014年道東の旅-5(羅臼2日目早朝の氷下魚釣り)

2014年道東の旅-4(熊の湯入り浸り、そして閉鎖へ)

2014年道東の旅-3(羅臼温泉野営場での7日間初日)

2014年道東の旅-2(8日間1600キロの旅が無事終了)

2014年道東の旅-1(旅の準備で荷物が満載に)

野営場に長期滞在しているおじさんから、このあたり一帯はこの時期タモギ茸が生えているとの情報を得たので、このキノコを採りに山に出かけることにしました。

このタモギ茸は、夏場に生えるとてもおいしいキノコであり、汁物なんかにしたら最高のダシがでる何ともうれしいキノコなのです。

早速、身支度を整えてクマよけの鈴とおじさんから借りたひっかき棒などを携えて山に入りました。

歩いて20分ほどたったころ、50mほどさきにある急斜面の枯れ木にびっしりとタモギ茸が付いているのを発見しました。

ここから竹藪の中へ入り、苦労して目的の木にたどり着くやいなや早速木によじ登り採り始めました。

結局あまりにもたくさんありすぎたので、採りきらず半分ぐらいで切り上げました。

何の木か分かりませんが、この枯れ木にびっしりと生えていました。

今までにタモギ茸は何回か採ったことはありますが、ここまで豪快に生えているのは初めてです。

P8130344.jpg

P8130345.jpg

P8130349.jpg

45リットルサイズのビニール袋を持っていって良かったです。

重さにしてだいたい3~4キロほどはあったかと思います。

それにしても、1本の木からこんなに採れるとは思っていませんでした。

ちなみに、このうち3分の2ほどは近くのおじさんやおばさんに配り、たいそう喜んでいました。

P8130353.jpg

そして、もちろんこの晩はタモギをふんだんに入れた鳥飯と・・・

P8130394.jpg

タモギを惜しみなく、ふんだんに入れて作ったキノコ汁です。

あまりにも良いダシがきいており、何とも忘れられない味となりました。

P8130386.jpg