北海道そと遊び日記

北海道で釣りや山登りなどのそと遊びを主に書いてます。

久々の自作シリーズ!たった100円で「ゴープロ風」が完成。これでハンズフリーでの動画撮影が可能になった!

先月三段山頂上からのパウダーランの時、手にスマホを持ちながら動画を撮影したんだけど、撮影を意識してか(結局うまく撮れなかったんだけどね・・・)体のバランスがどうしても悪くなってしまい滑走の気持ちよさが半減したこともあったんで、それ以来何とかいい方法はないべかと色々と考えていました。

そこでまず思い起こしたのがお馴染み「GoPro(ゴープロ)」なんだけど、モノの良さは十分に分かっていても何せ数万円もする非常に高価なものなので、ちょっとした興味本位で買うのはなんかもったいないなと思っておりました。

では、既存のスマホを使うというのはいい考えだと思うんで、これを使うの前提として考えた場合、スマホを頭に取り付けるモノを作ってしまえば全てが解決するのではと思いあれこれ考えました。(けっこう真剣に)

そこで、作るヒントを得るためにグーグルで「スマホ 頭取り付け」って感じで検索してみるとアマゾンで僕が思い描いていたモノに近い商品が既に売り出されていたのでした。(考えることは皆一緒だなとこの時思った。)

だが、なんと2,980円する非常に高価なモノというのもあったけど、あくまでも低コストかつ自作にこだわっていたんで参考程度でとどまり興味を示すことは特になかったです。

僕が今まで自作していたのは基本100円ショップまたはホームセンターで揃う部材で作るのが一応原則であったので、今回もそのようにして作ることにしました。

んで結局出来上がったのがコチラなのですね。↓

f:id:northland33:20170421213410j:plain

ゴムバンドにスマホ固定するための部材が付いている見た目はかなりシンプルなモノ。

これを見ればだいたいどんな使い方するのか想像つくと思うんであえて説明はしません。

それではどんな風に作ったかここで簡単にまとめてみます。

 f:id:northland33:20170421213350j:plain

作るにあたって準備したものは、100円ショップでかなり前に買って家にあったスマホ用の三脚(実際に使用するのは取り付け部分だけ)と、これまた家の引き出しに何かに役に立つかと思ってとっておいたゴムバンド(面ファスナー付き)、それに結束バンド。

これで以上であります。

なのでコストは三脚のみのたった100円なり。(バンドは消耗品につきコストには含めず。)

 f:id:northland33:20170421213352j:plain

 まず千枚通しで穴を数か所開けます。

 f:id:northland33:20170421213354j:plain

開けた穴に結束バンドを数本通してスマホ三脚にゴムバンドを取り付けます。

もうこれでほぼ完成なのだけど、さらにもうひと工夫。

 f:id:northland33:20170421213415j:plain

工夫その1。

スマホの脱落防止用に結束バンドでリーシュ代わりに。

 f:id:northland33:20170421213357j:plain

工夫その2。

頭に取り付けたはいいけど、被写体を映せなければ意味がないのでカメラを下向きにしたければゴムマットを必要分重ねて角度調節を。

 

 f:id:northland33:20170421213355j:plainとりあえずこのくらいの角度あれば被写体は映りそうかな。

ゴムマットの枚数により角度を調節できるんでいかようにもなるような気がするけど・・・

 f:id:northland33:20170421213403j:plain

ゴムバンドを折りたためば手のひらにもスッポリとコンパクトに。

これならポケットにも入れれそうだ。

 

と、こんな感じで紹介してきたわけだけど、ここで一つ注意が・・・

それは、作った僕が言うのもなんだけど見た目からしてダサいのであまり人前でこれを堂々と取り付ける勇気は持ち合わせていないわけであり、周りに誰もいない時限定の使用となりそうです。

用途としては、もうシーズン終わったけど、先月行った三段山でのパウダーランの撮影とか、今思いついた限りでは釣りとかにも使えそうかなと・・・(両手ふさがっているんで)

 

まあ、あって決して損はない一品を作ったなと一応満足しています。

今回ちょっとした思い付きで家にあるものだけで作ったんで、もしかすると違ったアイデアでもっと良さげなものが作れるかもね。

 

最後に・・・

あまり大したものでもないけど、簡単かつ低コストで作れるんで興味ある人はぜひ参考にしてください。

 

最後までお付き合いありがとうございました。もし今回の記事に興味を持たれた方は下のボタンを押してください。