読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道そと遊び日記

北海道で釣りや山登りなどのそと遊びを主に書いてます。

初めてニシン釣りに出かけたけどそんなにうまくいかないわけであり・・・

最近さぼり気味かネタがどんどんたまっていき更新が追い付かない・・・

別に更新するのが義務でも何でもないけど、さすがに1週間以上経ってしまうともう書く気すらおきないのでその前に書いておこうと思います。

 

ということで、今回は先週末に行った釣りのお話。

f:id:northland33:20170324230043j:plain

近頃チカ釣りに出かけて胸張り釣って帰ってきてもあまり家族に歓迎されない傾向にあるせいか(飽きてきたらしくしばらく間を空けた方がいいかも)、じゃあ今度はみんなが大好物のニシンを釣ってみようと思い立ちいつもの港へと行ってみました。(ニシンなら釣ってきてもうれしいらしいようだ。)

ところでこのニシン釣りに関しては僕にとってもちろん初めての試みであるのだが、釣り方については以前釣り場で出会った地元のおじさんから何となく聞いておりました。

その時の聞いた話では、どうやらこの釣りではアイテムの一つとして「自動シャクリ器」とやらが必要らしいことが(というかあった方が釣れるらしいとのこと。)分かりました。

とは言うものの、たかだかニシン釣りだけ?のためにそんな洒落たものを揃える余裕もないわけであり、ようはシャクリ器と同じような目的を果たせば足りるのではないかと考え事前にこんなものを作ってみました。

 

f:id:northland33:20170324230053j:plain

見てのとおり紐の両端にカラビナを付けたものですが、これだけ見ても何に使うのか分からないので・・・

 

f:id:northland33:20170324230045j:plain

まあ、こんな感じで使います。

竿を上下させるのがシャクリ器とすれば、これは竿の上下関係なく糸だけを上下させるものなのですね。

何となくこれで海中の仕掛けを上下させるという目的は達成できるような気がするのだが、果たして本当にこれで大丈夫なのだろうか?

 

f:id:northland33:20170324230048j:plain

ちなみに2本竿を出す場合はこんな感じ。

ひたすら紐を引っ張っては戻すの繰り返し。

 

さて、シャクリの話はこれぐらいにして、肝心のニシン釣りについてですが・・・

十数メートル隣で釣っている人なんかは、自動シャクリ器に10メートル近くあろうかという長い竿を使い、仕掛けにはでっかい集魚ミラー?や集魚灯など(さらには、針の部分もなんかキラキラしていたような・・・)を取り付けており、ポツポツではあるもののニシンを釣り上げていました。

(横目で)なんともうらやましい・・・

対する僕はというと結局何時間か粘って当たりすら全くなく一匹も釣れずに終了しました。

何十本とは言わず、せめて晩のおかず1回分ぐらいはニシンを釣りたかったのですが、あまりにもニシン釣りに関して不勉強であったのでむしろこの結果は当然のことだったかもしれません。

 

ニシンはこれから上向いていくようなので、もう少し勉強してから再度この釣りにチャレンジしてみようと思います。

と、そう思わせる今回の釣りでありました。

 

最後までお付き合いありがとうございました。もし今回の記事に興味を持たれた方は下のボタンを押してください。