北海道そと遊び日記

北海道で釣りや山登りなどのそと遊びを主に書いてます。

ペール缶で鉄板焼きと炭焼き両方できるコンロを作ってみた!

DSCN8095.jpg

 

タイトルのとおりこれからの本格的なBBQシーズンを迎える前に、使い古しのペール缶を使って鉄板焼きと炭焼きの両方できるコンロを作ってみました。

まあ、作るといったって別に新たに作ったわけではなく、正確にはペール缶に穴を開けたり五徳を作ったりした程度ですが・・・

 

家にあった廃材など有り合わせのもので作ったので見た目はかなり悪いと言えますが、薪で鉄板を高温で加熱するのに良さそうなんで結構満足はしてます。(まだ試していないうちに満足するのは早いか?)

 

そもそも何で今さらこんなの作ったのかというとですね・・・しかもこの時期に。

 

一番の目的は、4月下旬に採りに行く予定の行者ニンニクを使ってのジンギスカンなのですね。(去年の行者ニンニク採りはちららでどうぞ。)

 

僕はジンギスカンは、鉄板派か炭焼き派かどちらかというと即答で炭焼き派なのですが、例外的にジンギスカンと行者ニンニクのが合わさった時だけ鉄板焼き派となるのです。(僕はこの取り合わせは焼肉界で最高だと個人的に思っている。)

 

だいたいいつもは120円ぐらいで売っているジンギスカン用の簡易プレートでやっている(去年はこんな感じ)けど、やっぱり高温で加熱した鉄板の方が美味しいのは分かっているので今回作ってみようと思ったのでした。せっかく、鉄板もあることだし。

 

 

 

DSCN8098.jpg

 

薪を効率よく燃焼させるためにペール缶に空気穴をいくつか空けときました。

 

それにしても錆びだらけ・・・

 

そんなのは全く気にしないのが僕なのですね。

 

 

 

DSCN8096.jpg

 

そして、今回新たに作った五徳。

 

炎を遮断してしまうのでやはり五徳は必須かなと思い作りました。

 

今回これを作るためにわざわざ1本180円ぐらいのプレートを買いました。(火ばさみを乗せることで代用することも考えたけど鉄板を乗せるので安定感を優先しておきました。)

 

 

 

DSCN8099.jpg

 

上から見るとこんな感じです。

 

 

 

DSCN8102.jpg

 

薪の台座としてダイソーで買ってきた網をセットしてみましたが1回ぐらいでやわくなりそうです。(細い針金を格子状に組んだだけなので思ったより弱かった。)

 

代わりのものをそのうち探す必要がありそうです。

 

何かいいのないかなあ~?

 

 

 

DSCN8106.jpg

 

今回作ったついでにこんなのをダイソーで買ってきました。

 

これを何に使うのかというと・・・

 

 

 

DSCN8108.jpg

 

炭焼きにも対応できるようにしました。(イメージとしてわざわざ炭を乗せてみました。マメさにもほどがあるか?)

 

前まであった炭焼きコンロはだいぶ老朽化し廃棄寸前なので、最近は七輪で炭焼きすることが多いのですが、七輪より面積が広いので使い勝手は良さそうです。(ただ、車に積んだ時かさばるのがネックでしょうか?)

 

ただ、さっきも書いたように炭を乗せる網が頼りないのが残念でしょうか。

 

 

 

DSCN8109.jpg

 

火力が強ければ五徳も置こうと思えば置けます。

 

というわけで、まだまだ改善の余地は十分ありそうですが、とりあえず普通に鉄板焼きや炭焼きはできそうのでさっそく近々やってみようと思います。

 

はやく行者ニンニクでジンギスカンが食べた~い!

最後までお付き合いありがとうございました。もし今回の記事に興味を持たれた方は下のボタンを押してください。