読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道そと遊び日記

北海道で釣りや山登りなどのそと遊びを主に書いてます。

早春の味覚を採ってきた!(海編)

前回は題して「早春の味覚(野山編)」ということで自生のクレソンを採ってきたことを書きました。

さっそく旬の食材を頂きましたが、何とも味わい深く美味しくいただくことができましたね。

ところで、山の幸と来れば海の幸もということで本日は、近場の海岸で旬の海藻を採ってきたことを書きたいと思います。

念のため書いておきますが、貝類だけでなく海藻類も基本的には採取すると密漁となり罰せられてしまうので注意が必要です。

今回は、例外的に採取が認められているところで採ってきたということでもあったので記事にすることにしました。

さて、本題に移りますが、そんな今の旬の食材とは何なのか・・・

DSCN7957.jpg

潮が引いた頃合いをねらって行ったらありましたよ。

この写真では何となく分かりにくいので・・・

DSCN7960.jpg

そうです。

ワカメなんです。(天然の)

早春の今の時期ならではの食材ということで、まだ生え初めの比較的若い株を選んで採ります。

ちなみに周りのおじさん、おばさんたちは鎌を使って豪快に採っていますが、僕は旬の食材を食べる分だけ採れればいいのでハサミで根元をていねいに切って数株採ることにしました。(資源確保のためにも大事ですよね。)

本命はもちろんワカメでしたが、他にも色々な海藻がありました。

例えば銀杏藻。

ただ、もう大きく育ってしまっていたので、採るのはやめました。

おそらく、もうちょっと早い時期なのかもしれません。この海藻も美味しいんですよね~。

ワカメに続いて採ったのが・・・

DSCN7970.jpg

この海藻。

名前は「マツモ」といい別名「マツボ」ともいう海藻です。

形が「松葉」に似ているからそのような名前になったとか。

実は、近くでいっしょに採っていた地元のおばさんから教わったものでして、

「美味しいから採ってみ~」なんていうものだから、若干半信半疑ではあったものの、ワカメ以外の海藻もあってもいいかなと思いほんの1食分だけ摘んでみることにしたのでした。

家に帰ってこの「マツボ」なる海藻について調べてみると・・・

どうやら市場には出回ることはなく東京などの高級料亭に直行なのだとか・・・

別にそんな先入観はどうでもいいとして、さっそく一番おいしいと言われている酢の物にしてみることにしました。

すると・・・

海藻らしく程よく磯の良い香りがして、それ以上に何といっても新食感といってもいいぐらい食感の良さが際立った海藻だなあと思いました。

なるほど・・・

たしかに高級料亭なんかの一品料理として出て来たら間違いなく美味しいなんて言うんだろうと思いました。

DSCN7967.jpg

続いて採ったのが岩ノリ。

岩ノリは何といっても磯の香りは最高ですよね。

今回は、味噌汁1回分だけ採ることにしました。

あと1回分だけ採ってタラ汁なんかに入れて食べたかったな~。ちょっと後悔。

DSCN8039.jpg

さて、ワカメの話にまた戻りますが、採ってきたばかりの新鮮なワカメを湯がいていきます。

湯がく前はこんな褐色だったのに・・・

すると・・・

DSCN8043.jpg

一気に鮮やかな緑色に変わります。

あまり熱湯に入れているとふやけてしまうので、色が緑に変わったらさっと鍋から引きあげて冷水で一気に締めます。

ざるで水っけをしっかり取ってやると、はい完成。

DSCN8046.jpg

味噌汁もいいけど何といってもお刺身ワカメとして食べるのが一番ですかね。

ワサビ醤油で食べるのもいいけど(そういえば、これからの時期は根わさび醤油もいいなあ。)、僕はやっぱり鰹節をかけて生姜醤油であっさりと食べるのが好きですね~。

結局、採ってきた海藻は3日持たずして完食してしまいました。

何といっても家族みんな天然ワカメが大好きなのです。

ホントに美味しかったな~。

潮の頃合いを見てそのうちまた採ってこようと思います。