読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道そと遊び日記

北海道で釣りや山登りなどのそと遊びを主に書いてます。

今年の初釣りは白老へ!昼間はチカ、夜はキュウリ!

釣り

例年どおり年末年始は実家の東京で過ごしました。(結局特に遠出することなくテレビばっかり見ていたような・・・)

さすがに暖冬のせいか毎日が10℃以上(15℃ぐらいの時もあった)と暖かく、こんな過ごしやすい正月は記憶にないほどでありました。

僕は正月明け早々仕事が始まるため妻や子供を東京に残して一足先に自宅に帰ってきており、最初の週末は久しぶりに単身で釣りに出かけることにしました。

思えばいつも子どもと一緒に出かけていたので、時間を全く気にせず釣りに集中できたのも数年ぶりかなと思いました。

ということで、今回は記念すべき今年初の釣行記を書こうと思います。

DSCN6861.jpg

今年の初釣りに選んだ場所は、雪が比較的少ない太平洋と決めていました。

前回、日高の門別(この時は釣れていなかったのですぐ引き返した)、苫小牧と行ったので、今回は違うところということで近場の白老に行くことにしました。

写真は白老の手前ですが、全くと言っていいほど雪がありません。

いくら雪が少ない太平洋といったってこの光景は、1月とは思えない感じがしました。

DSCN6865.jpg

白老港内にはいくつか釣りするポイントがありますが、以前より気になっていた新港で釣ってみることにしました。

釣り座に車を横づけすることができるのでこの時期には大変ありがたいポイントでありました。

時期的なせいもあるのか土曜日の午前中なのに混んでおらず場所選びには全く苦労なかったです。

DSCN6874.jpg

情報収集ということで釣り人にどんな状況か確認したら、チカがコンスタントに釣れているということだったので、迷わずここにしようと決め、おじさんに断りを入れて間に入れさせてもらいました。

釣りの準備をしているとロッドホルダーを忘れたのに気が付き、けっこう困りながら釣りをしていたら、となりのおじさんが親切にもあまりのロッドホルダーを貸してくれました。

また、僕は5号針しか持って来ておらず(大チカ狙いできたので)、針が大きすぎたせいか10センチほどのチカがほとんどかからなかったので、これまたおじさんから3号針をいただきました。

さらには、チカ釣り初心者(10年以上も前に釣った経験はあるけど)の僕に色々と教えてくれたりと何から何までお世話になりました。

DSCN6878.jpg

さて、釣果のほどといえばでありますが、昼間は10センチほどのチカを主体に釣れましたが、夕方にかけてこんな大チカが数匹釣れました。(これで23センチ)

さすがにこのぐらいのサイズともなれば引きが強く釣りとしては最高に楽しいものでありました。

DSCN6876.jpg

ベテランのとなりのおじさんにははるかにかなわなかったですが、夕方までにそこそこチカが釣れて十分満足しました。

DSCN6879.jpg

今回の釣りでは、もともとチカ釣りに来たので、そこそこ数も満足しているし、夕方で切り上げてのんびりと白老のポロト温泉に浸かりながら帰ろうと思っていましたが、ちょうど僕の近くで札幌から来ていたおじさんがキュウリ釣りを始めだしたので、かなり興味を抱きキュウリの釣り方なんかを教わったら何だか釣ってみたくなり、ちょうど8号のサビキ仕掛けもあったのでやってみることにしました。

DSCN6892.jpg

キュウリ釣りには、エサとしてどうやら塩で締めたサンマの切り身を使うらしく、もちろん僕はそんなの持ち合わせていなかったのでおじさんから分けてもらいました。

DSCN6886.jpg

結局、引き続き夜釣りを始めました。

キュウリは真っ暗になってから釣れるらしいのでちょっと期待してました。

ところが・・・

DSCN6882.jpg

釣れるのはどんこばっかりでなかなかキュウリが釣れません。

実はこのどんこ、キュウリ釣りの外道(見た目からしていかにもって感じ・・・)であるけど、三陸の方ではどんこ汁として郷土料理があるほど美味しい魚のようであります。

とりあえず、どんな味か興味あったので大きいのだけキープしてあとは逃がすことにしました。

DSCN6891.jpg

粘っているとようやくキュウリが釣れました。

実際に釣ったのも当然ですが、見たのも初めてであります。

魚の名前のとおりホントに胡瓜の香りがしました。

歯が尖っておりいかにも肉食系の魚って感じがしました。

DSCN6895.jpg

夜9時頃になると外気温はだいぶ寒くなってきて、バケツの中の海水が凍ってきてしかも魚の目玉が白くなってきました。

22時過ぎにもなったあたりでだいぶ寒く感じてきており、また午前中からずっと立ちっぱなしで釣っていてだいぶ疲れてきたし、眠くなってきたりでここらで終了することにしました。

帰りは冷えた体を温めたかったので、苫小牧のなごみの湯に浸かってから帰ることにしました。

ここは夜12時まで営業しているので助かりました。

DSCN6900.jpg

今回の釣果はこんな感じです。

キュウリ2匹に、チカ大小合わせて50匹ぐらいとキープ用に持って帰ってきたどんこ2匹であります。

DSCN6903.jpg

これがどんことキュウリで・・・

DSCN6905.jpg

そして大中小それぞれのチカです。

DSCN6906.jpg

今回キュウリと大チカの干物を作ってみることにしました。

背開きにしたら塩を全体に適量すりこんで冷蔵庫で1時間半ほど(食べてみたら1時間で良かったかも)おきます。

そのあと、本来であれば干物なので天日干ししたいところですが、外で干していたら凍ってしまうので、ピチットシートを使って干物を作ってみました。

DSCN69215.jpg

2日ほどで水分もほどよくなくなり干物が出来上がりました。

今日の夜はさっそく干物を食べましたが割と淡白な魚でありましたが、クセは全くなく美味しい魚であることが分かりました。

そのうちまたこれらを釣りに行こうと思います。