それやってみよう

北海道での暮らしぶりを書いた雑記ブログ

来年のためにいぶりがっこ作りの忘備録を!

前回はいぶりがっこを作るために大根を燻したことを書きました。

 

今回は燻し終わった後の大根を漬けるまでのことを書きたいと思います。

 

今回の作り方がうまくいくか失敗するかはともかく、どのようにいぶりがっこを作ったかを記録としてとっておけば来年以降、またいぶりがっこを作るときに役に立つのではないかと思い忘備録的に書くことにしました。

 

 

 

DSCN6293.jpg

 

DSCN6300.jpg

 

 

燻し終わった後は、沢庵漬けと同様の作り方だと思うので以下の分量で漬けました。

今回はたくあん漬けの素を使ってみようと思います。

 

燻し大根 → 2863g

塩 → 143g(大根の重さの5%)

米ぬか → 573g(大根の重さの20%)

たくあん漬けの素、昆布、鷹の爪、干した柿の皮を適量

 

 

 

DSCN6301.jpg

 

材料をすべて混ぜ合わせて、米ぬかがしっとりする程度に水で練っておきました。

 

 

 

DSCN6304.jpg

 

樽に漬物用のビニール袋を入れて、その中に大根を隙間のないように並べていきます。

 

 

 

DSCN6305.jpg

 

一番上に干した大根の葉を敷き詰めておきます。

 

 

 

DSCN6306.jpg

 

最後に5キロ(もうちょっと重い方がいいかも)の重石をしいておきます。

 

DSCN6308.jpg

 

家の中で漬物作りに適した場所といえばお勝手の室なので、ここで食べごろを迎えるであろう1~2か月ほど漬けることとします。

 

とまあこんな感じで仕込みを終えましたが、あとは完成まで待つのみであります。

 

うまくいくといいのだけども・・・

最後までお付き合いありがとうございました。もし今回の記事に興味を持たれた方は下のボタンを押してください。