それやってみよう

北海道のくらしを書いた雑記ブログ

積丹サイズを求めてタケノコ採りへ

毎年この時期はタケノコを採りに積丹へと遠征するのが恒例となっています。

そういえばここに通い詰めてからは、かれこれ5~6年が経とうとしています。

そんなわけで今日は、朝3時に起きて札幌にいる連れを拾ってからそのまま積丹に向かいました。

現地には6時半に到着して着替えなど準備したのち、7時に登山開始しました。

既にタケノコ採りを採り終え下山中のおじさんたちに今日のポイントはどのあたりか?と確認しながらどんどん登り歩きました。

1時間ほど登り終えた後、いよいよタケノコ採りを始めて3時間ほど採りつづけた後、11時には下山開始しました。

成果はというと、例年ほどではないけども知り合いに配る分も含めて十分な量は採ることができました。

タケノコのポイントまでひたすら登ります。

P6220012.jpg

途中まだ残雪がありました。このあたりはひんやりとして気持ちかったです。

ちなみに去年はこの残雪の両サイドを攻めてそれなりの成果がありました。

今日のポイントはもう少し上に上がったところでした。

P6220016.jpg

タケノコを探しにタケの密集地帯へ入っていきます。

日が高くなってくると蚊だとかハエだとかが大量発生して顔中にまとわりついてきます。

タケノコ採りにはつきものとは言えこればっかりはかなりのストレスです。

P6220030.jpg

ありました。これが積丹サイズです。

直径2センチを超えるものを勝手にそのような呼び方しております。

何しろ採るときの指の感覚がたまらないです。

P6220022.jpg

ありました。これも積丹サイズです。

P6220025.jpg

下山後の品評会です。

3時間の割りにはかなり少ない方ですが・・・

しかし、サイズは申し分ないです。

P6220041.jpg

家に帰り外の水道でごみを洗い流しました。

P6220046.jpg

さっそく焼タケノコをマヨネーズつけていただきました。

やっぱりタケノコはこの食べ方が最高です。

子ども大好きな一品です。

P6220005</span>.jpg